【悲報】楽天カードが改悪〜公共料金支払いでのポイントが0.2%に〜

クレジットカード,節約

楽天カード改悪には「楽天モバイルの赤字が響いているんだろうなぁ」とか思っている所長です。

この度、楽天カードのポイント付与率が改悪となります。

内容は、公共料金支払いに限り付与率が0.2%となります。

公共料金支払いでのポイント付与が0.2%に

2021年6月以降公共料金支払いでポイント付与が500円につき1ポイントになります。

対象の支払いは以下の通り

  • 公共料金(電気・ガス・水道)
  • 税金(国税、都道府県税など)
  • 国民年金保険料
  • Yahoo!公金支払い

まさかの国民年金の支払いも改悪の対象に・・・・

個人事業主は大ピンチ!

公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内

自動車税などを楽天カードで支払っている人も、改悪の対象となってしまいますね。

まだまだ使える楽天経済圏

楽天カードのポイント付与率は公共料金や年金・税金の支払い部分のみ限定的に改悪になってしまいました。

しかし、まだ楽天経済圏が終了したとは思っていません

楽天モバイルお買い物マラソンなどを駆使することで、他で買い物するよりもお得な部分が多いからです。

楽天モバイルは1年無料後も、月の通信量が1ギガ未満であればタダで携帯を持つことができます

今回、公共料金・税金の支払い部分は改悪となってしまいましたが、楽天が展開するサービスには他に類を見ないほどのお得なサービスがいっぱいです。

上手に使いこなして節約していきましょう。

まとめ

  • 楽天カード公共料金・税金支払でポイント付与率が0.2%に改悪(2021年6月〜)
  • それでも楽天モバイルやお買い物マラソンなどお得なサービスがたくさん
  • お得なサービスを上手に駆使すれば、楽天経済圏は終わらない

所長からは以上です。