Kyashが3Dセキュアに対応しました

クレジットカード

Kyashカードは生活費決済でいつもお世話になっている、所長です。

今まで3Dセキュアに対応していなかった

Kyashはこれまで3Dセキュアに対応していませんでした。

このため、PayPayや楽天Payなど3Dセキュアによる認証が必要なサービスは、限度額が少ないか利用不可となっていました。

しかし、Kyashは11月17日から3Dセキュアによる認証サービスを開始したため、この制限がなくなりました。

Kyash最大のデメリットがなくなったことになります。

ただし、「Kyash Card Lite」と「Kyash Card Virtual」は3Dセキュア未対応です。

この2つは厳格な個人確認が不要なため、未対応となっていると思います。

PayPayに登録してみた

QRコード決済は主にPayPayを使っているので、Kyash Cardを登録してみました。

カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力し、「本人認証(3Dセキュア)を設定する」ボタンをタップすると以下の画面が出てきます。

認証コードの送り先を指定して次へをタップし、認証コードを入力します。

認証コードの受け取りは「Push通知」を選択するのが良いかなと思います。

Push通知はKyashウォレットアプリに認証コードが通知されます。

これでPayPayの限度額5,000円の壁がなくなり、Kyash設定限度額まで使えるようになります。

まとめ

  • Kyash Card が3Dセキュアに対応し、利便性がぐっと向上しました。
  • PayPayに紐づけて使っても限度額5,000円の壁がなくなりました。

所長からは以上です。