トラリピ一時撤退しました

FX

カナダドル円がマイナススワップ一時撤退を決めた、所長です。

カナダドル円のマイナススワップ

昨年末からカナダドル円の買いスワップがマイナスに転じました。

そして、本日2020年1月7日の買いスワップは-20まで増えました。

カナダ銀行がマイナス金利を導入する可能性などの影響で、カナダドル安&買いでのマイナススワップの可能性が高くなってきました。

すでに各FX業者のカナダドル円の買いスワップは、マイナスに転じています。

少なくとも、1月20日に発表される「カナダ中金政策金利」までは、マイナススワップが続くことでしょう。

カナダドルはマイナス金利を導入すると、私は予想しています。

トラリピ カナダドル円 スワップ金利表

トラリピから一時撤退を決定

現在、カナダドル円をトラリピで30万円運用中ですが、一時撤退を決めました

撤退の理由

ダラダラと状況が好転するのを待つよりも、迅速に判断したほうが良いと判断しました。

一時撤退を決めた理由

  • カナダドル円の買いスワップがマイナスになった
  • カナダドルのマイナススワップの可能性(1月20日発表)
  • 現状カナダドル円が上昇する要素は見当たらない

撤退時のトラップ状況

今回トラリピ設定を全て削除する際、保有していたポジションは全て決済しました。

含み損+マイナススワップで-456円で済みました。

一時撤退時の損益は、約+7,000円でした。

全体的にはプラスで一時撤退できてよかったと思っています。

撤退時ポジション決済
撤退後口座資金

引き上げた資金の使い道

カナダドル円でトラリピを運用していたのは30万円です。

この30万円は、半分の15万円を待機資金として定期預金へ入れておきます。

もう半分の15万円は、今年の国民年金2年前納の資金に充てたいと思います。

まとめ

  • マイナススワップにより、トラリピ一時撤退。
  • カナダドル円の買いスワップのマイナスは長引きそうと予想。
  • カナダドルが上昇する要素は薄い。

所長からは以上です。

FX

Posted by 所長