楽天ゴールドカード超絶改悪

クレジットカード

所長の楽天カードは通常カードなので、楽天ゴールドカードが改悪されても関係はありませんけどね。

改悪内容

年会費2,200円の楽天ゴールドカードは、2021年4月1日から改悪されることが決まったようです。

改悪内容は、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の「ポイント+4倍」から「ポイント+2倍」になることになりました。

このSPUのポイント倍率は年会費無料の通常カードと同じポイントプラス倍率になります。

改悪に伴い新たに「お誕生月サービス」特典が追加されます。

お誕生月サービスは、お誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でSPUの「ポイント+1倍」が受けられるというものです。

お誕生月サービスより改悪のほうがダメージが大きいですね。

また今回の改悪に伴い、年会費の返金・請求停止を受け付けているようです。

期間は2021年1月14日〜2021年3月31日の間で「楽天e-NAVI」へログインして手続きができるようです。

楽天経済圏へどっぷりな方は「楽天プレミアムカード」へ、それほどではない人は楽天通常カードへそれぞれ切り替えていく事になるでしょう。

なお、「楽天プレミアムカード」は今までと変更はありません。

楽天カードサービス改定ページより

楽天ゴールドカードを無くしたいのでは?

楽天ゴールドカードの恩恵がここまで通常楽天カードと大差ないとなると、もう楽天はゴールドカードの発行を辞めてしまいたいのでは?と思ってしまいます。

きっと将来的には、「楽天カード」と「楽天プレミアムカード」の2種類体制にしていきたいのでしょう。

誰も入会したいと思わないカードを、管理コストをかけて維持するのはバカバカしいですからね。

まとめ

  • 楽天ゴールドカード超絶改悪、通常カードと同等へ
  • 2021年1月14日〜2021年3月31日の間で年会費の返金・請求停止を受付中

所長からは以上です。